2024年秋に健康保険証を廃止してマイナンバーカードに集約する動きが国会で起こっています。

それに伴い今後マイナンバーカードが生活の中で広く取り入れられるように変わっていきそうです。

医療機関では令和5年4月よりオンライン資格確認が原則義務化となりました。

違反した場合には医療機関及び保険医の取り消しなどの処分を受けることになります。

オンライン資格確認の設備を取り入れることが実質難しいなどの理由から閉院に追い込まれる医院も少なくありません。

閉院の理由が機材を導入できないといういままでになかった都合で、地方の患者さんにしわ寄せがこないことを願います。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です